腸トラブル改善法

過敏性腸症候群の治し方は?症状別の改善法!

更新日:

ストレスを抱えている人が多い現代では、過敏性腸症候群に悩む人も急増中です。

ストレスなどの原因で過敏性腸症候群になった場合、治療方法としては投薬のほかに生活習慣の改善などが必要になってきます。

ここでは、過敏性腸症候群の治し方について、症状別の方法を見ていきましょう。

過敏性腸症候群の治し方の基本!

過敏性腸症候群の原因はまだハッキリとは解明されていませんが、一つの原因としていわれているのがストレスです。

ストレスは環境や人間関係から発生するだけでなく、様々な要因から発生する可能性があります。食生活や生活習慣、薬物療法での治療方法の基本について見てみましょう。

食生活の見直しから

毎日の健康の源である食生活は、栄養バランスが偏ってくるとストレスにつながりかねません。

腸内の健康を乱す要因ともなるため、食生活を見直すことは過敏性腸症候群の対策としても重要です。

避けたい食事、食品は?

お腹と相性の悪いものは、避けるのが賢明です。

人によっても異なりますが、消化に時間がかかる脂質の多い食べ物、アルコール、刺激が強い香辛料、カフェインなどは避けておいたほうがよいでしょう。

また、冷たいものや熱すぎるものも、腸に刺激を与えてしまう恐れがあります。カフェインはコーヒーだけでなくお茶類にも含まれていますので、気を付けてください。

意識して摂りたい食べ物は?

逆に、意識して摂取するとよいものは、野菜などの食物繊維を多く含む食品です。

乳酸菌や納豆なども積極的にとりたい食品ですが、人によってはヨーグルトなどがお腹こわしの原因になってしまうこともあります。

食事の摂り方、食べ方は?

過敏性腸症候群の対策としては、暴飲暴食は絶対に避けておきたいことです。

時間をかけて、よく噛みながら消化を促す食事法をするように心がけましょう。

生活習慣を改善

生活習慣は、リズムを整えることがストレスの解消につながります。特に、睡眠は基本中の基本です。

睡眠はしっかりと

睡眠不足は、大きなストレスとなります。睡眠中には、一日の心身の疲れを回復する作用があります。

睡眠不足の人が、自律神経のバランスを乱しやすいことからも、いかに睡眠が重要かがわかるでしょう。

睡眠不足だと日中に眠気を感じますが、これもまたストレスとなります。

しっかり睡眠をとるだけでも、毎日心身がリフレッシュしてストレスから解放されます。

適度な運動

運動不足も、ストレスにつながります。また、余分な老廃物がたまりやすくなり、腸内にガスがたまったり便秘などを起こしやすくなります。

ハードな運動もストレスになりますが、適度な運動を継続的におこなうことはストレスの解消となるのです。

体は冷やさない

体を冷やすと、お腹の調子が悪くなる人は多いでしょう。寒さもストレスになりますし、血行が悪くなって腸内の働きを低下させてしまいます。

適度に体を温めておくことで、過敏性腸症候群を起こしにくい体質にすることができます。

薬物療法

過敏性腸症候群の薬物療法では、症状別に薬の処方がおこなわれます

ただし、市販薬の場合は自分で選ぶことになりますから、薬剤師ともよく相談してみるとよいでしょう。

市販薬

過敏性腸症候群対策の市販薬というと、主に下痢止めや整腸剤、漢方薬などがあげられます。ライオンのストッパや正露丸などは、人気の下痢止め薬です。

整腸剤としては、副作用が少ないものに人気があります。中でも、ビオフェルミン製薬の新ビオフェルミンSなどは健康のために続けている人が多いようです。

漢方薬では、半夏瀉心湯、桂枝加芍薬湯、真武湯、人参湯、大建中湯などが用いられることが多いようです。

ただし、漢方薬は人によっても調合される薬が違ってきますから、くわしくは漢方医がいる薬局で相談してみることをおすすめします。

処方薬

過敏性腸症候群の処方薬では、下痢型に5-HT3拮抗薬や止痢薬が用いられることがあります。

便秘型に処方されることが多いのは、粘膜上皮機能変容薬や下痢薬。

他に、消化管機能腸節薬やプロバイオティクス、高分子重合体、抗コリン薬などが処方されることもあります。

ガス型は空気の吸い過ぎに注意?

ガス型の過敏性腸症候群は、おなかの中にガスがたまって膨満感につながりやすいタイプです。

原因はさまざまですが、空気の吸い込みすぎによってガスがたまってしまうこともあります。

緊張すると息を余計に吸い込もうとすることもありますから、なるべくリラックスして呼吸を整えてみることをおすすめします。

ガスを発生させやすい食品を控えるのも、効果的です。にんにく、豆類、オリゴ糖を含む小麦、たまねぎなどもガスの原因となることがあります。

乳糖が多い牛乳やヨーグルトで、ガスを発生させてしまう人もいます。

下痢型は「ストレス」に注意?

下痢型の過敏性腸症候群では、ストレスに要注意です。

 

ストレスは、あらゆる要因から起こりえます。

環境、人間関係、物理的、食事、生活習慣など、日常生活にストレスになる原因は多々ありますから、それらを避けるだけでなくなるべくリラックスできる時間を作るようにしたほうがよいでしょう。

あまりストレスを避けよう避けようとするのも、緊張につながります。それよりも、ストレスを受けてもリフレッシュできることを見つけておいたほうが強みになります。

また、下痢止めをいつも持っておくというのも、対策となるでしょう。

腸内フローラを整えることが過敏性腸症候群を治すカギ!

過敏性腸症候群の治療のカギとなるのが、腸内フローラを整えることです。

 

腸内のお花畑とされる腸内フローラは、善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスのこと。悪玉菌が多い腸内では、悪影響が出る可能性が高くなります。

善玉菌を多めにすることで、腸内フローラのバランスがよくなり、腸の調子もよくなってくるのです。

腸内に悪玉菌が増えてくると、悪質な老廃物がたまってガスが発生してきます。そのガスは腸内環境を悪化させるだけでなく、血管を通って全身へと流れてしまいます。

過敏性腸症候群はもとより、全身の健康をうながすためにも腸内フローラを整えることは重要なのです。

腸内フローラのバランスをよくするためには、善玉菌を増やすのがキーポイントです。

乳酸菌やビフィズス菌を積極的にとることで、善玉菌は増えていきます。

継続的に摂取することも重要で、善玉菌を増やし続けることが腸内フローラの状態をキープすることになり、過敏性腸症候群の改善にもつながるのです。

乳酸菌サプリで過敏性腸症候群が治る?口コミを交えて考察してみた!

皆さんは過敏性腸症候群という病気をご存知でしょうか。 下痢や便秘の症状を引きおこす過敏性腸症候群は現在20代から30代の ...

続きを見る







効果絶大の乳酸菌はここ

乳酸菌サプリ人気ランキング
145614 view

ビフィズス菌は取り過ぎるとやばい・・・

適正な摂取量を知ってますか?
113221 view

知ってますか?乳酸菌の取り過ぎは便秘に!?

乳酸菌サプリ人気ランキング
85600 view

格安DHCのサプリは効果なし!?

DHC乳酸菌サプリの特徴・口コミ
50426 view

-腸トラブル改善法

Copyright© 乳酸菌サプリ効果別ランキング【便通・整腸・腸内フローラ改善】 , 2018 All Rights Reserved.