乳酸菌の特徴

【まったく別物!?】動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを徹底解説

更新日:

美容ちゃん
乳酸菌ってお腹にいいだけじゃなくて病気の予防やダイエットにも効果的だって聞いたんだけどホント?
管理人
本当だよ。乳酸菌は腸内で活躍することによって僕らはさまざまなメリットを受けられるんだ。
美容ちゃん
そうなんだ!じゃあ乳酸菌の入ってそうな物をいっぱいたべよーっと。
管理人
でもただやみくもに乳酸菌を摂っているだけじゃダメだよ。
美容ちゃん
どういうこと?
管理人
乳酸菌といっても種類はたくさんあるんだよ。人によってあうあわないもあるし、そもそも特性も異なる
美容ちゃん
じゃあ摂っても意味がないものもあるってこと?
管理人
意味がないってことは無いけど・・・まずは基本となる乳酸菌の性質。動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを勉強してみようよ。

私たちの身体にさまざまなメリットがある乳酸菌。乳酸菌といえばチーズやヨーグルトといった乳製品や味噌などの調味料、キムチや糠漬けといった漬物類から日本酒まで、さまざまな発酵食品に含まれている菌です。

 

しかしひとくちに乳酸菌と言ってもその種類はさまざま。中にはヒトの腸内で活躍するには適していない乳酸菌もいるのです。その全てをご紹介するのは大変ですが、ここでは大きく分けて動物性乳酸菌と植物性乳酸菌という二種類の乳酸菌の違いについて中心に見ていきたいと思います。

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌を大きく大別すると動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けることが出来ます。このふたつはその名の通り、植物か動物、どちらに由来する乳酸菌なのかによってカテゴライズされていますが、ヒトの体内に入った時にも特性が異なるため、健康のために乳酸菌を摂る時にも知っておいて損は無い分類です。

 

逆に言えばこの分類とそれによって生まれる効果の差異や特性を知らないと、自分が摂取した乳酸菌がどのように体内で活躍しているのかを把握できず、それを上手く生かした生活習慣のコントロールも出来なくなってしまいます。

乳酸菌を活かすためにはヒトのサポートも必要

乳酸菌は食品やサプリメントを通じてただ摂っただけで健康になれるものではなく、うまく活用し活躍してもらえるように私たちも乳酸菌をサポートしていかなければフルパワーでの活躍には期待できません。

 

そのためにも理解しておきたい乳酸菌の特性。はたして動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いとはどのようなものなのでしょうか?

日本人の食卓にも関係が深い植物性乳酸菌

まずは植物性乳酸菌について見ていきましょう。植物性乳酸菌は私たち日本人にもなじみの深い乳酸菌です。果たしてどんな特性を持つ乳酸菌なのでしょうか?

植物に由来する乳酸菌

野菜、豆類、米といった植物を発酵させる際に活躍するのが植物性乳酸菌です。この乳酸菌はブドウ糖や果糖、ショ糖といった植物に含まれている糖を栄養源として活動しています。

 

この乳酸菌は生存力が高く、過酷な環境下においても繁殖する特性を持っています。そのためヒトが摂取した際にも腸内まで生きたまま届く可能性の高い乳酸菌なのです。

 

過酷な条件下に強いといっても加熱には弱いのは忘れてはなりませんが、高濃度の塩分や酸性度の高い場所でも生きられるというのは調理・加工の上でも幅を広げてくれるでしょう。

乳酸菌は腸まで届きづらい?

ここでひとつ確認してきましょう。それは乳酸菌を摂取する、と言いますが実は乳酸菌はとても繊細な菌で胃酸や胆汁といった消化液によって簡単に死滅してしまうということです。

 

死骸になった乳酸菌はそのまま腸内へ届けられ、腸内に生存している善玉菌のエサとしての役目を果たしますが、生きたままの乳酸菌を腸に届けたいとなるとそれ相応の乳酸菌を選んで摂取する必要があります。

 

植物性乳酸菌はこのような場面において重宝される乳酸菌です。サバイバル能力が強く丈夫な植物性乳酸菌は消化液にも屈せず腸内へたどり着いてくれる可能性のある乳酸菌なのです。

植物性乳酸菌はどんな食品に含まれる?

植物性乳酸菌は日本人にはとてもなじみ深い乳酸菌です。味噌、醤油、漬物、日本酒・・・これほど植物性乳酸菌を日常的に自然に摂取している民族は世界的に見ても少ないかもしれません。

 

日本人の健康の秘訣のひとつに植物性乳酸菌を日常的に十分に摂取していることを挙げられることも少なくありません。

 

もちろん世界的にみても植物性乳酸菌を含む食べ物はたくさんあります。韓国のキムチ、ドイツのザワークラフトなどが代表的でしょうか?食品から植物性乳酸菌を摂りたい場合はぜひ意識してみましょう。

さまざまな制約を持つ動物性乳酸菌

植物性乳酸菌は生存能力も高く、私たち日本人の食生活には馴染も良いことが分かりました。では一方の動物性乳酸菌はどのような特徴を持っているのでしょうか?

乳糖をエサに生きる動物性乳酸菌

植物由来の糖を糧に生きる植物性乳酸菌に対して、動物性乳酸菌は動物の乳に含まれる乳酸菌によって生きています。植物のそばで生きるのと違い、栄養豊富な乳の周辺で栄養的にも不足なく非常に恵まれた環境下に生息しているため、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌と比べると非常に繊細な菌だと言えます。

腸まで生きて辿りつけない

そのため動物性乳酸菌はヒトの体内に入るとそのほとんどは胃酸で死滅してしまいます。死骸になっても腸内で善玉菌のエサとして活躍するため、動物性乳酸菌が植物性乳酸と比べて必要ないということはありません。

 

また近年の研究の中で動物性乳酸菌の中でも胃酸を耐え抜いて腸まで到達できる種類が発見されているため、動物性乳酸菌だから腸まで届かないということはいちがいに言えなくなってきています。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

植物性乳酸菌のさらなる研究が期待されている

これまで乳酸菌というとヨーグルトのイメージが強かったように、乳酸菌研究は動物性乳酸菌を中心に行われてきたと言われています。近年植物性乳酸菌の能力が高く評価されるに従い植物性乳酸菌がより強力な効果を示すのではと期待する声もあるそうです。

 

世界的な健康食としての日本食ブームとも相まって植物性乳酸菌はますます注目されていくかもしれません。

植物性か動物性かよりも菌株が重要

一方で植物性と動物性というふたつの乳酸菌のカテゴリー分けを疑問視する声もあります。これらの違いは結局のところ植物か動物かどちらから摂れる乳酸菌なのかという違いでしかなく、もっと重要なのはその乳酸菌のより細かい個性・特徴をしめす菌種・菌株であるからです。

 

先ほども述べたように動物性乳酸菌の中にも胃酸に耐えうる菌種・菌株が発見されたように、動物由来か植物由来かということよりもその菌の特性が腸まで届くかどうかをはじめとするヒトの体内での活躍を決定づけていきます。

 

現在発売されている乳酸菌飲料・食品・サプリメントには具体的にどんな種類の乳酸菌が入っているのか示されているものも多いので、その場合は植物性・動物性のことはいったん忘れて、その菌の特性について調べてみることをオススメします。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌、ふたつの乳酸菌の違いとは

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌とは言ってみれば植物由来のものか動物由来のものかという違いです。その生存環境の違いから大まかな特性を推測する事は出来ますが例外も存在するため、重要なのは動物性か植物性かということよりも、具体的になんという乳酸菌かということになってくることでしょう。

便秘女子
乳酸菌にも種類があるんだねぇ。植物性と動物性かぁ。
管理人
そうだね。でも見てきたとおり植物性の中でも動物性の中でもさらに細かく乳酸菌には種類があるんだ。だから動物性・植物性というよりは個々の菌の特性を理解した方がより正しく乳酸菌の力を引き出せると思うよ
便秘女子
今度から乳酸菌の商品を買う時は乳酸菌の種類と特徴も調べてみるね
管理人
それが良いと思うね!

-乳酸菌の特徴
-, ,

Copyright© 乳酸菌サプリ効果別ランキング【便通・整腸・腸内フローラ改善】 , 2017 All Rights Reserved.