その他乳酸菌研究

乳酸菌が動脈硬化に効果がある!?その真相がついに証明された!

更新日:

便秘女子
乳酸菌が動脈硬化に効果があるということを聞いたことがあるけど本当なんですか?

 

管理人
よく知ってるね!そうなんだ!乳酸菌が動脈硬化対策に有効的ということが最近の研究でわかったんだ。

 

便秘女子
本当だったんですね!!

 

管理人
その研究成果について詳しく説明していきますね。

お腹の調子を整えたり、免疫力を高めるなど、多くの健康効果のある乳酸菌ですが、動脈硬化に対しても良いという研究結果が出ました。
乳酸菌と動脈硬化はなかなか結びつかないので、驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、腸内環境が動脈硬化に影響することから乳酸菌が動脈硬化に効果的であるということがわかったのです。

日本人の死因の2位となっている心疾患や4位の脳血管疾患は、動脈硬化が原因となっていることが多いの疾患です。

 

こうした危険な病のリスクを乳酸菌の力で下げることが可能となったのは非常に大きく、私達のこれからの健康維持に大きな変化を齎すでしょう。

 

効果絶大の乳酸菌はここ

乳酸菌サプリ人気ランキング
145614 view

ビフィズス菌は取り過ぎるとやばい・・・

適正な摂取量を知ってますか?
113221 view

知ってますか?乳酸菌の取り過ぎは便秘に!?

乳酸菌サプリ人気ランキング
85600 view

格安DHCのサプリは効果なし!?

DHC乳酸菌サプリの特徴・口コミ
50426 view

乳酸菌はなぜ動脈硬化に良いのか


血管や血液状態の問題により発生すると思われていた動脈硬化は、腸内の状態によってもリスクが変化する事がわかりました。
腸内細菌が生成する物質が動脈硬化を引き起こすためです。

 

乳酸菌は動脈硬化を高める腸内細菌の活動に影響し、危険な因子となる物質の生成を抑える力もあることから動脈硬化に効果的なのです。

ここでは乳酸菌がどのように作用して動脈硬化のリスクを下げるのかについてお話をします。

腸内細菌に影響して動脈硬化のリスクが下がる

動脈硬化を発生させる危険因子として注目されているトリメチルアミン(TMA)という物質があります。

これは腸内細菌が生成するもので、多く生成されればされるほど動脈硬化症の発生リスクを高めてしまう厄介な存在です。
しかし、このTMAの生成は食事を続ける限り行われてしまいます。

 

つまり、このTMAの生産を腸内環境を整えることで抑制しすることが動脈硬化のリスクを下げることに繋がるというわけです。
このことから腸内環境を整える力のある乳酸菌が動脈硬化に効果的だと考えられ、その確かな力が研究によって発見されました。

BMIの減少も動脈硬化の改善につながる

TMAの減少の他にも、乳酸菌を摂取することでBMI値の数値を下げることが可能であることも実験によりわかりました。
特定の乳酸菌を摂取することで痩せ型に近い腸内菌叢が形成され、肥満を改善しやすくなったのです。

 

ダイエットには適度な運動も必須ですが、お腹の中の環境を整えることも痩せやすい体質づくりには欠かせないので、非常に重要なポイントです。

 

肥満の改善は動脈硬化に加えて、様々な現代病のリスク軽減に役立つため、乳酸菌のこの力も大きな注目を集めています。

動脈硬化に効果のある乳酸菌

乳酸菌の腸内環境への影響により動脈硬化に対して効果的である事がわかりましたが、現時点では特定の乳酸菌でのみ立証されています。

動脈硬化や肥満に良いという結果が出た乳酸菌は「ビフィズス菌LKM512」というものです。

 

他の乳酸菌にも腸内環境を整える力はもちろんありますが、動脈硬化に対して良いとハッキリとわかっているのはLKM512だけです。
今後の研究によりほかの乳酸菌にも同じ力があるものが発見される可能性は高いです。

乳酸菌を取ると腸内はどのように変化するのか


腸内細菌の活動を抑え、TMAの生産量を抑えることが動脈硬化のリスクを下げることに繋がるというのは前述した通りです。

では、実際に乳酸菌を摂取すると私達のお腹の中ではどのような変化が発生し、動脈硬化のリスクを下げたり、進行を遅くできるのでしょうか。

 

動脈硬化を発生させる因子と、それを抑える乳酸菌がもつ力ついてのお話をします。

動脈硬化発生因子のTMAとTMAOとは

TMAが動脈硬化のリスクを上げる因子であるとお話をしましたが、実際に動脈硬化を引き起こすのはトリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)という物質です。

 

TMAOは肝臓内でTMAが変化することで生成される物質で、動脈硬化を進行させたり、発生のリスクを高めてしまう性質を持っています。

元となるTMAの生成自体を抑制することが動脈硬化に対して効果的であり、それが出来るのが乳酸菌というわけです。

乳酸菌にはTMAを減らす力がある

TMAは腸内細菌が食事由来のコリン類から生成するもので、食事をすればどんな人でも必ずTMA濃度が高くなってしまいます。

TMAが増えたら必ず動脈硬化になるというわけではありませんが、濃度が高いままだとリスクはどんどん高まります。

 

乳酸菌にはこのTMAの生成を抑制する力があるため、摂取することで食事によるTMA濃度の上昇を抑えることが可能になります。
これによりTMAとTMAOの全体量を減らすことが可能で、動脈硬化のリスクを下げることに繋がります。

乳酸菌と動脈硬化の関係が見つかった背景


今まで乳酸菌は「お腹に良い」というイメージが非常に強く、ヨーグルトなどもお腹のために食べている人が多かった食品です。

 

しかし、近年になって乳酸菌の免疫力上昇力や多くの健康効果が見直され、その中で動脈硬化に対しての力も発見されました。
ストレスや食事の欧米化によって増え続けている動脈硬化のリスクを下げるべく、始まった研究によ漸く乳酸菌の新しい力が立証されました。

協同乳業株式会社と京都府立医科大学の共同研究

動脈硬化に対しての乳酸菌の力は、メイトーブランドの協同乳業株式会社と京都府立医科大学の准教授らのグループの研究により発表されました。

 

動脈硬化予防を目的とした研究多く行われて来ましたが、今までは血中脂質類の濃度を改善させることを目的としていました。
いわゆるドロドロ血液や高血圧の改善という観点から、動脈硬化を改善するという研究にばかり目が向けられていたのです。

 

しかし、今回の研究ではTMAをターゲットとした臨床試験となっており、これは世界初めての試みです。

この研究により乳酸菌のTMAを減らす力が発表され、動脈硬化のリスクを身近な食品によって減らせる可能性が出てきました。

どのような実験がされたのか

乳酸菌の動脈硬化に対する実験は、試験参加希望者の中から動脈硬化症の発生リスクが高い健常成人を医師が選び、27人の被験者によって行われました。

 

その中から乳酸菌のビフィズス菌LKM512を摂取するグループと、ビフィズス菌LKM512の入っていない試験食を摂取するグループに分かれて検証されました。

それぞれの食事を1日2回朝夕に摂取することを12週間続けた後、実験の前後で糞便中のTMAの値がどのように変化するかが測定されました。

 

これにより乳酸菌を摂取し続けた場合と、通常の食事を行った場合のTMAの濃度の違いを知ることが実験の目的です。

実験の結果から発表されたこと

12週間後のTMAの測定結果は、乳酸菌を摂取したグループが通常食を摂取したグループより明らかに低いというものでした。

これによって乳酸菌には腸内細菌がTMAを生成するのを抑制する力があり、TMAOを減らすことにも繋がることから動脈硬化に効果的である事がわかりました。

 

今後も更に実験と研究が続けられ、日本人の死因に多い心疾患や脳血管疾患の予防を食品によって行えるようにするとされています。

 

乳酸菌には多くの健康効果があるので、それに加えて重篤な病の予防もできるというのはとても有用なことです。
健康志向が高まっている中で、とりわけこれからの研究に大きな期待が寄せられています。

まとめ


このように、新しい研究により、乳酸菌が動脈硬化の予防や進行の抑制に対して効果的であることがわかりました。

サプリや食品による摂取が容易で、もともとお腹の中にいる菌であることから安全性も高い身近な存在なので、乳酸菌で動脈硬化の予防が出来るというのはとても嬉しいです。

 

動脈硬化予備軍や心疾患、脳血管疾患が増え続ける中、これからの健康を考える上で乳酸菌は無くてはならないものになるでしょう。

 

研究成果の資料はこちらからダウンロード出来ます。
乳酸菌が動脈硬化に効果がある

便秘女子
うわ!凄い凄い!これからますます乳酸菌が注目されそうですね。

 

管理人
乳酸菌が動脈硬化に効果があるという事実を知っていて損は無いと思うよ。

 

便秘女子
管理人!ありがとうございました!







効果絶大の乳酸菌はここ

乳酸菌サプリ人気ランキング
145614 view

ビフィズス菌は取り過ぎるとやばい・・・

適正な摂取量を知ってますか?
113221 view

知ってますか?乳酸菌の取り過ぎは便秘に!?

乳酸菌サプリ人気ランキング
85600 view

格安DHCのサプリは効果なし!?

DHC乳酸菌サプリの特徴・口コミ
50426 view

-その他乳酸菌研究
-, ,

Copyright© 乳酸菌サプリ効果別ランキング【便通・整腸・腸内フローラ改善】 , 2019 All Rights Reserved.