ビフィズス菌の特徴や効果

ビフィズス菌はどんな食品に多く含まれてる?効率よく摂取する方法まとめ

更新日:

美容ちゃん
最近なんだかお腹の調子が悪いのよねぇ
管理人
それは腸内環境が悪化しているのが原因かもね。ビフィズス菌を意識的に摂ってみるのはどう?
美容ちゃん
ビフィズス菌ってよく聞くけど、いざ意識して摂ろうと思うとどうやって摂ればいいの?サプリメントとか?
管理人
もちろんサプリメントは手っ取り早いけど、出来るなら食事から摂取するのが一番だよね
美容ちゃん
ヨーグルトとか?
管理人
実はすべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているわけじゃないんだ。今日はそのあたりのことも含めてビフィズス菌と食事、食べ物との関係性を見ていこうか。

お腹の調子が慢性的に悪いな、と感じるのは腸内環境の悪化が原因かもしれません。腸内環境の悪化はストレスや食生活、生活習慣などさまざなことを原因にして起こりますが、だいたいがそれらの要因によって善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうことによって引き起こされます。

 

中でもビフィズス菌は人の身体に適応しやすい菌だと言われています。腸内環境を高める菌としては乳酸菌も有名ですが、人の腸内では一般的に乳酸菌の1000倍を超えるビフィズス菌が繁殖し活躍していると考えられています。

 

乳酸菌を意識的に摂ることももちろん大切なことですが、ビフィズス菌を摂ることでより効果を実感できるかもしれませんね。ではどのようなものにビフィズス菌は含まれているのでしょうか?

 

効果絶大の乳酸菌はここ

乳酸菌サプリ人気ランキング
145614 view

ビフィズス菌は取り過ぎるとやばい・・・

適正な摂取量を知ってますか?
113221 view

知ってますか?乳酸菌の取り過ぎは便秘に!?

乳酸菌サプリ人気ランキング
85600 view

格安DHCのサプリは効果なし!?

DHC乳酸菌サプリの特徴・口コミ
50426 view

ビフィズス菌が含まれた食品

ビフィズス菌はどんな食事に含まれているのでしょうか?出来ることならサプリメントに頼らず摂取したいものですが、意外と含まれている食品が少ないことが分かります。

ビフィズス菌は食品に含まれない?

いきなり矛盾した見出しになりますが、実はビフィズス菌は基本的に食品に含まれていることはありません。もっと詳しく言えば市販されているビフィズス菌食品はビフィズス菌を意図的に添加したものであって、乳酸菌などと違って発酵の過程など基本的な製造過程ではうまれて来ないのです。

 

例えばヨーグルトはフルガリスク菌とサーモフィラス菌という二種類の菌を用いて製造されます。ここにビフィズス菌入り商品にしたい場合は後からビフィズス菌を添加してビフィズス菌入りヨーグルトを作っているんです。

乳製品に添加される

ビフィズス菌はヨーグルトを中心に、他にも一部の乳飲料などにも添加されることがあります。ビフィズス菌入りの商品はそれが特徴となりますのでパッケージにそのことが記載されているはずです。

 

スーパーなどで売り場を見る時に注意深く観察してみしょう。逆に言えばそのような記載のない商品にはビフィスズ菌は入っていないと考えるのが妥当でしょう。

ビフィズス菌の種類はたくさんある

乳酸菌にも何百種類という菌種が存在しますが、ビフィズス菌も同様に何種類も存在しています。どの菌種が添加されるかはメーカーによって異なり、メーカーごとに独自の菌種や菌の個性を考えて商品が作られています。

 

そのためたくさんあるビフィズス菌関連の商品の中でも自分にあうものあわないものが存在する可能性があります。乳酸菌などにも言えますが、それらの菌は人によってあうあわないもあるので、自分に適した商品を探し出して使い続けるのが一番効果的です。

 

まだ自分に適したものが見つかっていない場合は、いつも同じものばかり使わずに色々と試してみると良いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク




ビフィズス菌を活性化させる食品

ビフィズス菌を食事から摂取する場合はビフィズス菌入りの商品を選んで購入して摂取する必要があることが分かりました。しかし体内に入って腸で活躍するビフィズス菌を増やしたり活性化させるには普段の食事を考えて食べる必要があります。

 

ビフィズス菌を活性化させるにはどのような食事が望ましいのでしょうか?

オリゴ糖

天然の甘味料として身体にも良いことで注目されているオリゴ糖。カロリーも低く、なによりも腸内の善玉菌にとって貴重な栄養源として働いてくれます。

 

善玉菌とはビィズス菌のみならず、乳酸菌なども含んだ腸内環境を改善してくれる菌達。腸内のバランスが崩れると悪玉菌が増殖、善玉菌が減ってしまうので問題が生じてしまうと言うワケ。

 

これを防ぐには善玉菌にとって有効な栄養源を摂取するといのうもひとつ。オリゴ糖はそのためにも必要なものなのです。

食物繊維を含む食材

オリゴ糖と同様に善玉菌のエサとして活躍するのが食物繊維。食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維が存在します。

 

水溶性食物繊維の方が善玉菌にとっては栄養源として活躍しやすいと言われていますが、いずれにせよ身体のバランスで考えるのであれば不溶性食物繊維も必要なことに変わりはありません。

 

バランスよく食物繊維が摂れるように意識したいですね。

具体的にはどんな食品、食事がオススメ?

オリゴ糖と食物繊維がビフィズス菌にとってプラスになることが分かりましたが、具体的に普段の食事に取り入れるとしたらどのようなものがいいのでしょうか。

穀物、イモ類、海藻類など

穀物、イモ類、海藻類は食物繊維が豊富な食材です。また根菜類も非常に心強い味方で、とくにゴボウなどはオリゴ糖も同時に摂取できる優れた腸内環境の味方だと言えます。

 

普段偏りがちな食品に多く含まれる傾向にある食物繊維。ぜひ意識して摂取していきたいところですね。

オリゴ糖の含まれる果物や野菜類

オリゴ糖と聞くとわざわざオリゴ糖を買ってきて使う必要があるのかと思いがちですがそんなことはありません。オリゴ糖はタマネギ、ゴボウ、りんご、バナナ、ニンジン、はちみつなど意外と身の回りの食材に含まれています。

 

バランスの良い食事を摂れば自然と摂取量も増えていくと思いますが、気になる方はバナナやりんご、にんじんを用いてミックスジュースを作って飲む習慣を作ると安心です。

ビフィズス菌を摂る時に乳酸菌も一緒に食品で摂っていいの?

意識しなくても自然と普段の食事でとっている乳酸菌。それに対してビフィズス菌は意識的に摂る必要がありますが、この二つは同時にとっても問題ないのでしょうか?

 

答えはYESです。

 

はじめに述べたように人の腸内ではさまざまな菌が住み着いています。中には悪い働きをするものもありますが、基本的に善玉菌とされるビフィズス菌や乳酸菌は共存できる関係にあります。

 

住み着いている場所も違えば働きかけ方にも差があるため、異なる種類の善玉菌を摂ることはプラスに働く可能性もあります。色々と試してみましょう。

ビフィズス菌を摂取しよう

ビフィズス菌が人工的に添加されないと摂取できないものだということは意外だったかもしれません。しかしビフィズス菌は人の腸内には欠かせない善玉菌のひとつです。意識的に摂取して活性化させていくことで腸内環境が良くなっていくことが考えられます。

 

もしも腸内環境に不安を感じる方がいればぜひ意識的にビフィズス菌の入った商品を摂取してみましょう。続けているうちに腸内環境が改善されて、以前よりもストレスのない生活を贈れるようになるかもしれませんよ。

美容ちゃん
ビフィズス菌ってヨーグルトならなんでも入ってるわけじゃないんだね。はじめて知ったなー。
管理人
確かに意外に思う人は多いかもね。そもそも乳酸菌と混同している人も多いみたいだし。
美容ちゃん
でも栄養源となるオリゴ糖や食物繊維は乳酸菌と一緒なんだね
管理人
そうそう。だから体内に入ってしまえば活性化させるやり方は同じなんだ。あとは意識的に摂るかどうかだね。あうあわないもあるし。
管理人
とりあえずお試してビフィズス菌の入った商品を買って帰ってしばらく続けてみようかな。

ビフィズス菌サプリランキングはこちら







効果絶大の乳酸菌はここ

乳酸菌サプリ人気ランキング
145614 view

ビフィズス菌は取り過ぎるとやばい・・・

適正な摂取量を知ってますか?
113221 view

知ってますか?乳酸菌の取り過ぎは便秘に!?

乳酸菌サプリ人気ランキング
85600 view

格安DHCのサプリは効果なし!?

DHC乳酸菌サプリの特徴・口コミ
50426 view

-ビフィズス菌の特徴や効果
-, , ,

Copyright© 乳酸菌サプリ効果別ランキング【便通・整腸・腸内フローラ改善】 , 2019 All Rights Reserved.