ビフィズス菌の特徴や効果

【菌活】ビフィズス菌を増やすと悪玉菌が減る!そのメカニズム。

更新日:

便秘女子
ビフィズス菌入りのヨーグルトをお腹のために摂ろうと思うんだ!でもビフィズス菌ってなにが良いのか実はよくわかってない・・・
管理人
ビフィズス菌は端的に言えば善玉菌って言ってお腹の中で腸を正常化するために働く菌なんだよ
便秘女子
善玉菌っていうのはきいたことあるなー
管理人
これに対して腸の働きを鈍らせるのが悪玉菌。腸内では常に悪玉菌と善玉菌の勢力争いが行われているんだ
便秘女子
へー
管理人
ビフィズス菌を摂取すると言うのはいわば善玉菌と悪玉菌の戦争に善玉菌側の援軍を送り込むようなことかな。その辺り詳しく見ていこうか。

ビフィズス菌や乳酸菌。善玉菌や悪玉菌。腸内環境を決定するこれらの要素に関してはなんとなくの知識はあっても具体的に腸内でどのように活動しているのかを知らない方も多いかもしれません。

 

しかしこれらがお腹の中でどのように働いているのかを詳しく知ることで、ビフィズス菌を摂ることがどのようなことに対して効果的なのか、どのような症状に悩まされたらビフィズス菌を摂るべきなのかが見えてきます。

 

今回はビフィズス菌と悪玉菌。ライバル同士とも言えるこのふたつの菌に着目してみていきましょう。

 

効果絶大の乳酸菌はここ

乳酸菌サプリ人気ランキング
145614 view

ビフィズス菌は取り過ぎるとやばい・・・

適正な摂取量を知ってますか?
113221 view

知ってますか?乳酸菌の取り過ぎは便秘に!?

乳酸菌サプリ人気ランキング
85600 view

格安DHCのサプリは効果なし!?

DHC乳酸菌サプリの特徴・口コミ
50426 view

ビフィズス菌は善玉菌の一種で悪玉菌とたたかってくれる

善玉菌はビフィズス菌?

そもそも善玉菌とはどんなものなのでしょうか。善玉菌とはビフィズス菌を含む腸内で腸を正常化するために働いてくれる菌のこと。ヒトにとってプラスになる働きをしてくれるために"善"玉菌と名づけられています。

 

善玉菌は糖や食物繊維を栄養源として乳酸や酢酸を生成します。これらの成分は人体にとって健康機能を向上させる役割を果たしす。具体的には腸内の酸性化を促し、免疫力の向上、便通の正常化、代謝の向上、コレステロールのコントロールなどを行います。

 

ビフィズス菌はヒトの体内に存在する善玉菌の9割以上を占めるヒトとの親和性が高い全玉菌です。しかし善玉菌が全てビフィズス菌というわけではなく、乳酸菌やルミノコッカス・コプロコッカスといった善玉菌に分類される菌が他にも存在します。

善玉菌は悪玉菌とたたかう菌

ビフィズス菌を代表する善玉菌はただ腸内の活動を活性化させるだけではありません。そのためには腸内でヒトにとって悪いことをしてしまう悪玉菌を倒す必要があり、そのため善玉菌の重要な役割として悪玉菌と戦うということが挙げられるのです。

 

人の腸内を顕微鏡で観察するとまるで一面お花畑のように菌が群れているのが見えます。この菌達の縮図を腸内フローラなどと称し、腸内環境を示す善玉菌と悪玉菌の勢力図のように考えることがあります。

 

ビフィズス菌の大きな役割は腸内フローラにおいて善玉菌を優位な状態にするために悪玉菌と戦うことなのです。悪玉菌の勢力が優勢になると腸内では炎症がおこったり消化不良がおこり体調にも影響が出てしまうんですね。

悪玉菌はなぜ増える?ビフィズス菌との関係は?

悪玉菌はなぜ増えていってしまうのでしょうか?

 

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内はほぼ全て善玉菌で埋め尽くされています。ヒトはもともとはほぼ善玉菌のみを保有した状態で生まれてくるのですね。

 

しかし時間が経つにつれて腸内の善玉菌は減少し悪玉菌が優位に立ち始めます。これには以下のような理由が挙げられるのです。

加齢による善玉菌の低下

年を取ると身体の持つ免疫機能が低下していきます。これに伴い腸内に自然にとどまっている善玉菌の数は少しずつ減少していきます。

食事との関係

悪玉菌が増加する要因としては食事も関係しています。

 

たとえば消化の悪い肉をたくさん食べていると腸内で腐敗して悪玉菌の栄養となります。悪玉菌は肉に含まれるタンパク質やアミノ酸で成長を続け、やがて有毒物質を放出するようになるのです。これによって下痢や便秘がおきてしまうというわけです。

 

食物繊維も善玉菌と悪玉菌のバランスを決める要素です。食物繊維は腸内で善玉菌の栄養となります。食物繊維を積極的にとることで善玉菌が力を発揮するのですが、逆に食物繊維が不足すると善玉菌の力が弱まり悪玉菌が繁殖するきっかけを与えてしまいます。

生活習慣の乱れ

善玉菌が減って悪玉菌が増えると腸内環境は悪くなりますが、逆に腸内環境が別の要因で悪化してしまうことで悪玉菌にとって居心地の良い環境になり、結果的に善玉菌が劣勢になるということも考えられます。

 

睡眠時間が不規則だったり疲れやストレスがたまって自律神経が乱れると腸の活動も乱れがちになります。消化や便通が滞ると食物の腐敗なども腸内で起こりやすくなるため悪玉菌が増えやすい環境になってしまうと考えられます。

ビフィズス菌はサプリやヨーグルトから摂って悪玉菌に対抗

腸内に住み着いているビフィズス菌は加齢や生活習慣によって徐々に減っていき、人によっては悪玉菌優位になってしまいがちなことが分かりました。

 

ではこれを防ぎ腸内環境を善玉菌優位な状態に保つにはどうすればよいのでしょうか?そのためにはやはり食べ物などを通してビフィズス菌を意識的に摂取し、援軍をおくりこむのが簡単です。

ビフィズス菌配合の商品を摂取する

ビフィズス菌はヨーグルトやサプリメントを通して外部から摂取する事も出来ます。外部から摂取したビフィズス菌は一週間ほどをめどに身体から排出されてしまいますが、継続的にビフィズス菌を摂取し続けることにより腸内環境をなるべく善玉菌優位な状態にしておくことで、身体の健康を保つことも可能になるといえるでしょう。

ビフィズス菌の種類や特性に注目

ただやみくもにビフィズス菌を摂っていたのではあまり効果が期待できない場合もあります。

 

なぜならビフィズス菌は腸に届く前に胃酸などにやられて死滅してしまうケースも多いからです。また、ビフィズス菌にも種類があり、それぞれに特性も異なるため、悪玉菌に対抗するためには腸内に生きて届いて、かつ腸内環境を改善してくれるビフィズス菌を選択して摂取する必要があります。

食事にも気を遣おう

悪玉菌とのバランスを考えるのであれば食事にも気を遣いたいところです。

 

肉ばかり食べることを避け、食物繊維の含まれた食材を積極的に摂取するのと同時に、腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖を意識的に摂取していくことも大切です。

 

腸内のことですから食事は非常に関係するファクターです。偏った食事をすることのないように日常的に意識していくことが大切だと言えるでしょう。

 

悪玉菌に負けないようにビィズス菌を摂取しよう

悪玉菌とビフィズス菌、善玉菌との関係は理解して頂けたでしょうか?

 

ビフィズス菌をはじめとする善玉菌は腸内環境を整えてさまざまな健康効果をもたらしますが、そのために悪玉菌に優位な状態を作ることが大切であることが分かりました。

 

そのためには悪玉菌が活気づいてしまうような生活習慣を改め、一方で善玉菌が元気になるように必要な栄養素を与えるなどと言った配慮が大切です。

 

腸内の健康は簡単には手に入りません。日頃の意識的な生活の仕方が身体の内側から健康になるための秘訣だと言えるでしょう。

美容ちゃん
ビフィズス菌は腸内で悪玉菌と戦ってくれているんだね
管理人
その通り。実際に戦っているのは善玉菌と悪玉菌だけど、生活習慣や食事を通して戦いを指揮しているのは他ならぬ自分自身といったところかな
美容ちゃん
今ならその言葉の意味が分かる気がするよ。ビフィズス菌を摂取すればあとはお任せ!っていうワケにはいかないんだよね
管理人
その通り。ビフィズス菌を摂取した上で、彼らが有利に戦える環境を作り出すことが大切なんだ
美容ちゃん
よーし、さっそく意識してみよう!







効果絶大の乳酸菌はここ

乳酸菌サプリ人気ランキング
145614 view

ビフィズス菌は取り過ぎるとやばい・・・

適正な摂取量を知ってますか?
113221 view

知ってますか?乳酸菌の取り過ぎは便秘に!?

乳酸菌サプリ人気ランキング
85600 view

格安DHCのサプリは効果なし!?

DHC乳酸菌サプリの特徴・口コミ
50426 view

-ビフィズス菌の特徴や効果
-, ,

Copyright© 乳酸菌サプリ効果別ランキング【便通・整腸・腸内フローラ改善】 , 2019 All Rights Reserved.