ビフィズス菌の特徴や効果

ビフィズス菌はアルコールで死滅?二日酔いに効果!?詳しく調査してみました。

更新日:

美容ちゃん
最近仕事終りのお酒が美味しいなぁ
管理人
お酒の飲み過ぎは良くないから気を付けてね
美容ちゃん
大丈夫だよ。ちゃんと量も考えて飲んでるから。ところで最近ビフィズス菌を摂るようにしてるんだけど、ビフィズス菌って胃酸とかに弱いって言うよね?もしかしてアルコールにも弱いの?
管理人
確かにビフィズス菌をはじめとする乳酸菌はとても繊細で刺激に弱いと言われているよね。アルコールとビフィズス菌はどうなんだろう。少し見ていってみようか

健康のことを考えてビフィズス菌を摂っている方もいらっしゃるかもしれません。ビフィズス菌をはじめとする乳酸菌はとても繊細なものだと言われており、胃酸に直撃したり熱を加えたりすると死滅してしまいます。

 

ここで気になるのがお酒との関係性。中にはビフィズス菌を摂取しながらお酒を嗜んでいる方もいらっしゃることでしょうが、果たしてビフィズス菌の摂取中にお酒を飲んでも大丈夫なのでしょうか。

 

また、反対に二日酔いの時にビフィズス菌をとると二日い酔いが和らぐと言われていますが、これは本当なのでしょうか?知られざるビフィズス菌とアルコールの関係に迫ります。

ビフィスス菌を摂っているときにアルコールはダメ?

ビフィズス菌は非常に繊細な菌です。特にヨーグルトや乳飲料から摂取しようとした場合はその多くが胃に入って胃酸を浴びた時点で死滅してしまうと言われています。

 

そうならないためにもビフィズス菌をはじめとする乳酸菌を摂取する際は空腹で胃酸も活発な食前を控え、食後に摂取する事がより効果的な飲み方であると言われています。

 

ではアルコールはどうでしょうか?胃酸のような消化機能はないにしろ、アルコールも殺菌能力を有する液体です。アルコール濃度の高いウイスキーやブランデーをストレートで飲まれるような方の場合、摂取したビフィズス菌に害を与えてしまう可能性は一概にゼロとは言えないでしょう。

アルコールを飲むときはお腹にものを入れて低濃度で

食べ物を食べてから飲む

高濃度のアルコールでビフィズス菌を死滅させてしまわないためにもアルコールを飲む場合はまず食後やおつまみを入れて胃の中を少し満たしておきましょう。これはビフィズス菌のためだけでなく、胃へのダメージを和らげ、アルコールが体内へ急激に吸収されてしまうのを防ぐ意味でも大切です。

 

食べ物が胃にあれば乳酸菌にアルコールが直撃してしまうリスクを軽減できるはずですし、アルコールの濃度自体も下がっていくと考えられます。

お水を忘れずに

また、ウイスキーやブランデーのような高濃度のお酒を飲むときは必ずチェイサー(お水)とセットで飲むことで体内でアルコールを希釈できるようにすることが大切です。

 

アルコール濃度の高いお酒も味を知ってしまうととても魅力的なお酒です。これを飲んではいけないというのは愉しみがひとつ減ってしまって悲しいもの。身体やビフィズス菌への負荷をなるべく減らして嗜むことでリスクを減らしていきたいですね。

菌が死んでも意味が無いわけではない?

しかしビフィズス菌自体は胃に入った時点で胃酸にやられてしまう割合も多く、ヨーグルトやサプリから摂取したものに関してはその多くがいずれにせよ胃の中で死滅してしまうと考えられることもあります。

 

ビフィズス菌にも種類があり、中には胃酸をかいくぐれるものもありますが、アルコールに関係なく胃酸でやられてしまうケースも少なくないということです。

死骸も腸内環境の改善に役立つ

しかし死んでしまったビフィズス菌に意味がないわけではありません。実は死骸となったビフィズス菌や乳酸菌はそのまま腸へおくられ、腸で活躍している善玉菌のエサとして活用されます。

 

善玉菌はエサを得て活発化する事で腸内環境を整えるパワーを得ています。その点では胃やアルコールによって死滅してしまったビフィズス菌にも意味があると言えるのです。

ビフィズス菌の量や特性を理解して摂取する

ビフィズス菌をより高い確率で腸へ届けたいのであればなるべく多くのビフィズス菌の配合された商品を選んだり、酸に強い特性を持つビフィズス菌を選択することが近道です。

 

もちろん胃酸に耐えられるからアルコールに耐えられるというワケでもないでしょうが、ビフィズス菌の量が多ければいずれにせよ腸まで到達できめ可能性は高まることでしょう。

 

またアルコールを飲む前後にビフィズス菌を摂取するのを控えるようにするというのもビフィズス菌がアルコールで死滅するリスクを避ける上ではいいかもしれません。

ビフィズス菌が二日酔いを防止?

ここからは観点を180度変えてビフィズス菌がアルコールの分解を助けてくれるというお話をしていきましょう。一体これはどういうことなのでしょうか?

ビフィズス菌の整腸作用がアルコールによるダメージを軽減

フィズス菌は本来腸内環境を整えて健康体を作り上げるのに一役買ってくれる菌です。整腸作用が働いて腸が活発に活動すると肝機能を正常化させることにも繋がります。腸の活動と肝機能には密接な関わりがあるのです。

 

さらにアルコールを摂取することで下しがちなお腹や荒れがちな肌など、アルコールは消化器官に少なからずダメージを与えてしまいます。これを改善するためには腸内環境を常に良くしておく必要がありますから、その点においても飲酒習慣のある人はビフィズス菌を積極的に摂りたいですね。

海外ではアルコールと乳酸菌の同時摂取は常識?

たとえばビール大国で大酒飲みも多いと言われているドイツでは日常的に乳酸菌の含まれた食品を食べることを意識している方が多いのだとか。その目的が二日酔いを予防できるから、と考えている人もいるそうです。

 

ドイツ以外でもブルガリアやロシアなどではヨーグルトやピクルスなどの乳酸菌食品を深酔いを防止するために食べる人が多いと言われています。

 

アルコールによってビフィスズ菌が死滅する・・・というリスクはゼロではありませんが、一方でビフィズス菌をうまく利用する事で二日酔いやアルコールによるダメージの軽減をはかることが出来るというのはなんとも不思議なものです。

 

ビフィズス菌とアルコール

ビフィズス菌とアルコールの関係にはなんだか面白い縁があるということが分かりましたね。ビフィズス菌を極力リスクなく腸内へ少しでも多く届けたいのであればアルコールはなるべく摂取すべきではないと言えます。また、摂取する場合でもビフィズス菌を摂取する時とはタイミングをずらすことでリスクを軽減できるでしょう。

 

一方でビフィズス菌は腸内環境の改善を通して二日酔いを防止・軽減するための菌として考えることも出来ます。お酒を少し飲み過ぎたな・・・と思った時はビフィズス菌を摂取してるのも良いのではないでしょうか?

 

ビフィズス菌とアルコールの関係性はなんとも不思議なものですが、まったく関係が無いともいえないことが分かりました。お酒を飲む習慣があってビフィズス菌を摂取しようと考えている人は注意してみてくださいね。

美容ちゃん
ビフィズス菌って二日酔いの防止にもなるんだねー
管理人
そうだね。もちろんビフィズス菌を摂れば二日酔いにならないということではないよ。一種の民間療法的な側面もあると思うし・・・
美容ちゃん
なるほどね。アルコール自体は濃度の高さによってはビフィズス菌を死滅させる可能性もあるんだもんね
管理人
要はあんまり神経質にならず、お酒を適量愉しみながらビフィズス菌を摂る時はタイミングをずらせばいいってところかな
美容ちゃん
あんまり神経質になるとストレスたまって逆効果だもんね。タイミングだけ意識してみよーっと

-ビフィズス菌の特徴や効果
-, ,

Copyright© 乳酸菌サプリ効果別ランキング【便通・整腸・腸内フローラ改善】 , 2017 All Rights Reserved.