このサイトは、乳酸菌サプリの効果の高い商品のご紹介や乳酸菌サプリの健康・美容に対する効果、乳酸菌の種類などをわかりやすく解説いたします。

乳酸菌サプリは、含まれる菌や成分によって、便秘改善・免疫力アップ・美肌・花粉症予防などいろんな効果も期待できます。

乳酸菌サプリの効果別の記事へ

↓↓乳酸菌サプリランキングはこちら↓↓
乳酸菌サプリランキング

乳酸菌サプリ アレルギー 美肌に効果のある乳酸菌サプリ
便秘に効果のある乳酸菌サプリ ダイエット効果の高い乳酸菌サプリ
疲労回復効果の高い乳酸菌サプリ 乳酸菌サプリで花粉症対策
乳酸菌サプリで免疫力を上げる 精神安定効果のある乳酸菌サプリ
乳酸菌サプリで体臭予防 乳酸菌サプリで喘息対策

 

乳酸菌サプリは便秘効果が高い!

乳酸菌サプリの効果として筆頭に上げられるものは、やはり腸内環境を整えることで出来る便秘の改善やお腹の調子の安定です。

乳酸菌を摂取することでお腹の中の善玉菌が増え、その結果としてお腹の調子が整っていくのです。
薬のように症状を抑えるのではなく、乳酸菌サプリは体調を整えることでお腹の調子を良くするというのが主な力です。

実は腸内環境が整うと他にも多くのプラスの効果が出てきます。
インフルエンザなどから身を守るために必要な免疫力の強化や、アレルギー体質の改善、高血圧の予防などが上げられます。

薬とは違うのですぐにこうした効果が出るわけではありませんが、乳酸菌サプリを摂取し続けることで腸内環境が整えば、自然と強く健康な体へと近づけます。
乳酸菌サプリと一言で言っても菌株が様々なので、体にあったものや腸までしっかり届くものを選ぶとより早く違いを感じられるようになります。

便秘効果の高い乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリを便秘改善のために始めるという人もとても多いです。便通が不規則だったり、お腹が張ってしまいやすい人に乳酸菌は効果的ですが、お腹の中でどのような事が起きているか知っていますか?

乳酸菌はお腹の中を弱酸性にする

便秘になってしまっているお腹の中では、悪玉菌が優勢になってしまっており、腸内環境がアルカリ性になっています。アルカリ性になった腸内はぜん動運動が弱くなってしまうので、便が運ばれずにどんどん便秘が悪化する状態になります。

ここに乳酸菌を摂取してあげると、善玉菌が増えていって悪玉菌が減っていき、腸内環境が徐々に酸性に傾いて生きます。

腸内が弱酸性になるとぜん動運動が活発になってくるので、止まってしまっていた便が運ばれて自然と便秘が改善します。便秘薬のようにお腹を下して治すのではなく、本来あるべき運動を取り戻させることで便秘を改善するのが乳酸菌サプリの力です。

これらの効果で乳酸菌サプリを摂取すると便秘が改善します。また、乳酸菌に加えて、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を摂取してあげると、さらにお腹の環境が良くなって便秘も改善していきます。

腸内フローラ・腸内環境は乳酸菌サプリで改善できます

腸内フローラ・腸内環境はお腹の調子を左右するだけでなく、全身の元気に対しても影響を出す大切なものです。

出来るだけ腸内フローラに気を使い、腸内環境を整えておきたいところですが、普段の生活ではいつのまにか悪化してしまうことがあります。それを改善できるのが乳酸菌サプリで、体に優しい作用で日々の健康を支えてくれます。

乳酸菌サプリが腸内に及ぼす影響

お腹の中の悪玉菌が増えて腸内フローラの状態が悪くなっていると、腸内環境がアルカリ性に傾いて便秘や全身の倦怠感、胃腸の不調などが発生します。そこに乳酸菌サプリを摂取すると、善玉菌である乳酸菌がお腹の中で少しずつ増えていきます。

善玉菌が増えていくと少しずつ腸内フローラが改善し、それに便乗する形で味方につく別の菌が登場します。

「日和見菌」という優勢な方の味方になる性質を持っていく菌です。この日和見菌が善玉菌に加勢しはじめると、腸内フローラがの改善が加速し、お腹や体の調子も一気に良くなっていくことが多いです。

このように乳酸菌サプリはお腹の調子を整えるというだけでなく、腸内フローラを良い状態で安定させ、体のコンディションを保つという力も持っています。腸内フローラはいつの間にか悪化しやすいので、手軽な形で乳酸菌を摂取し続けるのは健康維持には欠かせないと言えます。

乳酸菌サプリの種類

知っておきたい有胞子性乳酸菌・ラクリス菌

管理人
もうちょっと詳しく乳酸菌の種類について見ていきましょう。それが有胞子性乳酸菌とラクリス菌です。
美容ちゃん
有胞子性乳酸菌とラクリス菌?ヤバイ、2つとも初めて聞いた言葉なんですけど(汗)
管理人
じゃぁ、詳しく説明していきますね!

 

乳酸菌には様々な種類があります。そのひとつに有胞子性乳酸菌というものがあります。この乳酸菌が他の乳酸菌と違う点は、名前からもわかるように、胞子の殻というものがあるという点です。
有胞子性乳酸菌にも多くの種類の乳酸菌があるのですが、ラクリス菌が代表的な有胞子性乳酸菌です。

有胞子性乳酸菌のひとつであるラクリス菌は、酸や熱に強いという特徴を持っています。この特徴は乳酸菌の働きを考える上で重要なものです。
なぜなら、乳酸菌は胃酸や胆汁によって分解されてしまう可能性があるからです。

ラクリス菌はそれらによって分解されてしまうことなく腸まで届くのです。そのため、高い効果を期待でき、安定性も高く、体内で乳酸を作る力も強く、腸の中に長く滞在してくれます。

これらの理由で、注目を浴びており、多くの研究機関でも、様々な実験や研究が行われています。

有胞子性乳酸菌ラクリス菌って何?

乳酸菌の多くは、熱に弱かったり、酸に弱かったりします。そのため、加熱処理で死滅してしまったり、胃酸や胆汁によって分解されてしまったりします。

そのため、生きて腸に届くことができないものが多いです。一部、死菌でも効果を発揮する乳酸菌も存在しますが、やはり、生きたまま腸に届けることは乳酸菌を摂取する上で重要です。

有胞子性乳酸菌ラクリス菌は熱にも酸にも強いため、腸に生きたまま届くことができます。熱に強いため、様々な料理にも使えるということは、摂取を考える上ではとても重要です。

ラクリス菌は腸に滞在する時間が長い

有胞子性乳酸菌ラクリス菌は、熱や酸に強いだけでなく、腸の中に滞在する時間が長いことも特徴にあげられます。

乳酸菌の多くは、数時間から数日で排出されてしまいます。当然、乳酸菌の働きは腸の中に滞在している間しか効果がないので、腸の中にいる時間が長い方が良いです。

有胞子性乳酸菌ラクリス菌は腸内に長く滞在し、増殖などもするので1週間も滞在します。つまり、1度の摂取で1週間も効果が持続するということです。

当然摂取しないと徐々に減っていってしまうので、継続した摂取は必須です。有胞子性乳酸菌ラクリス菌が長く滞在してくれるのはありがたいですが、それにかまけてはいけません。

健康のために有胞子性乳酸菌ラクリス菌を摂取しよう

酸や熱に強いという乳酸菌の弱点を克服した乳酸菌であり、1度の摂取で長く効果を得られ続ける有胞子性乳酸菌ラクリス菌は、食品への応用もしやすいために、様々な活用をされています。

生きたまま腸に届き、そのまま腸に長くとどまるラクリス菌を積極的に摂取して、是非健康を維持するのに役立ててください。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

管理人
美容ちゃんは、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いって知ってるかな?
美容ちゃん
う~ん、言葉からある程度違いはわかりますけど… 詳しくは知りません(。-`ω´-)キッパリ!!
管理人
これらには大きな違いがあるから覚えておきましょうね。

 

乳酸菌は何に含まれているのでしょうか。多くの人が、ヨーグルトと答えると思います。

確かに、ヨーグルトを始めとした乳製品には乳酸菌が多く含まれています。乳酸菌、という名前にも乳が含まれているので、想像しやすいと思います。

しかし、乳酸菌は、乳製品以外にも含まれているのです。

その代表が、漬物です。乳酸菌の乳酸発酵を利用して作られているものなので、乳酸菌が含まれているのです。

これらの、動物由来ではない乳酸菌のことを、植物性乳酸菌と呼びます。その逆で、ヨーグルトやチーズなどに含まれる乳酸菌のことを、動物性乳酸菌と呼びます。

では、これらの乳酸菌にはどのような特徴があるのでしょうか。ご紹介したいと思います。

植物性乳酸菌って何?普通の乳酸菌なの?

植物性乳酸菌は、発酵食品の多くに含まれています。日本人は発酵食品を食べてきた歴史が深いので、非常に密接なかかわりのある乳酸菌ともいえます。漬物を始めとし、味噌や醤油の中にも乳酸菌が含まれています。

植物性乳酸菌は優秀な乳酸菌です。その理由は、植物性乳酸菌が存在している環境にあります。

漬物の中などは、非常に塩分濃度が濃い、生物にとっては過酷な状況です。そのため、植物性乳酸菌は酸などに強いという特徴を持っています。

人間の体内には、胃酸や胆汁などの酸が多く分泌されています。そのため、酸に弱い乳酸菌は、腸にたどり着くまでに死菌になってしまいます。

しかし、植物性乳酸菌は酸に強いので、腸まで無事にたどり着き、存分に働いてくれるのです。もちろん、死菌とて乳酸菌は健康のために役立ちます。しかし、生きたままたどり着く乳酸菌も必要です。

ですので、植物性乳酸菌のような、酸に強い乳酸菌も積極的に摂取しなければなりません

動物性乳酸菌って何?普通の乳酸菌?

植物性乳酸菌に対し、動物の乳の中に存在するような乳酸菌を動物性乳酸菌と呼びます。もちろん、乳の中だけでなく、くさやや鮒寿司などの乳酸菌発行によって作られる食品の中にも存在しています。

動物性乳酸菌の多くは、酸や熱に弱い菌です。体の中に取り込んでも、胃酸や胆汁などで死菌になってしまいます。

死菌になっても、腸内環境の改善に役立つ菌は多くいますが、生きたままにしておきたい場合は、サプリメントなどで摂取する必要があります。

乳酸菌のビフィズス菌(ロンガム種)とは?

ビフィズス菌と言うものはよく耳にしますが、ビフィズス菌のロンガム種というものはあまり聞き慣れません。このロンガム種というのはどういうもので、体の中に入るとどのような作用をもたらすのでしょうか。

ビフィズス菌のロンガム種の特徴

ビフィズス菌のロンガム種は、ビフィズス菌の中でも特に胃酸に強いという性質を持っています。胃酸によるダメージで死滅しないので、生きたまま腸まで届くことが多い菌株で、腸への効果を出しやすいです。

ビフィズス菌ロンガム種は安全性が高いことも特徴の健康な乳児から発見された、ヒト由来のビフィズス菌です。育児用の粉ミルクとして活用されていたり、サプリやヨーグルトなど身近な製品に含まれていることも多いです。

ビフィズス菌のロンガム種の作用

作用としてはお腹を強くしたり調子を整える他、インフルエンザなどの感染に対する防御機能を高めることでも知られています。特に胃腸への働きが強いことから、便秘や慢性的な胃腸の不調の改善、大腸がん予防や潰瘍性大腸炎の緩和に対しても期待されています。

このようにビフィズス菌ロンガム種にはお腹を中心に良い作用が非常に多く、その力が発揮されやすいという特徴があります。多くの乳酸菌サプリがありますが、どのタイプにするか迷った場合はロンガム種が含まれているものを中心に選ぶと違いを感じやすいです。

 

植物性乳酸菌のサプリメントが多い

植物性乳酸菌は酸や熱に強いため、体内に取り入れても効果を発揮しやすいのが特徴です。そのため、乳酸菌サプリメントの多くは、植物性乳酸菌が含まれています。

酸や熱に弱い動物性乳酸菌を生きたまま取り入れたい場合は、特別な処理をした乳酸菌サプリメントを選ぶ必要があります。

食事で乳酸菌を摂取する場合は、植物性乳酸菌が手軽でお勧めですが、漬物などの食べ過ぎは塩分過多になりがちなので注意が必要です。逆に、動物性乳酸菌を食事で摂取する場合は、脂肪分が多くカロリーが高くなりがちなので注意しましょう。

(動物性、植物性の乳酸菌をもっと詳しく解説した記事:動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いって?効果も違うの?

乳酸菌サプリを摂取すると健康になる?

乳酸菌は腸の中にもたくさん存在しています。腸内の乳酸菌が不足すると、便に異常が出たり、吹き出物などの肌トラブルに発展したり、免疫力が低下してしまったりします。

そのため、不足しがちな乳酸菌を積極的に取り入れる必要があるのです。

ただ、乳酸菌はもともと体内に多く存在しているので、少し補った程度ではあまりいい効果が望めません。そこでお勧めなのが、乳酸菌サプリです。

乳酸菌サプリを定期的に摂取することで、ヨーグルトなどから摂取するよりも、手軽に大量に摂取することができるのです。

乳酸菌サプリは安全?摂取しても大丈夫?

乳酸菌を摂取する方法のひとつに乳酸菌サプリを利用するという手段があります。乳酸菌サプリは乳酸菌を効率よく摂取することを考えて作られたものなので、乳酸菌を取り入れる手段としてはとても優れています。しかし、サプリメントと聞くと、どうしても不安を感じてしまう人がいると思いますので、まずは、乳酸菌サプリメントの安全性についてご説明したいと思います。

もともと、乳酸菌は発酵食品に多く含まれています。ヨーグルトやチーズを始めとした乳製品、漬物や味噌などを、自然に乳酸菌は摂取しています。

ですから、乳酸菌そのものはとても安全で、むしろ積極的に摂取したほうがいい成分。なので、乳酸菌サプリメントも同様に安全です。サプリメントで摂取しても安全性は変わりません。また、当サイトで紹介する乳酸菌サプリメントは、製作するときもしっかりした品質管理が行われていますので安心してください。

乳酸菌サプリの摂取は安全?

乳酸菌サプリにより何かの病気になったり、生活に支障がでたりということは報告はありません。

ただし、体質との組み合わせで、お腹の調子が悪くなってしまうことは稀にありますので、乳酸菌サプリメントを利用する際には、必ず、使用量や指示された飲み方を守り、体調を確認しながら飲むようにしましょう。

過度に摂り過ぎると体に悪いという可能性もあるので、あまりに無茶苦茶な摂取はしないようにしましょう。

乳酸菌サプリを利用する際の注意点

乳酸菌サプリは、乳酸菌を摂取する為に作られたものなので、乳酸菌が胃酸に分解されないように工夫されていたり、乳酸菌の働きを助ける成分が含まれていたりします。そのため、積極的に使っていきたい方法ではありますが、ひとつ注意しなければならない点があります。

それは、牛乳アレルギーです。乳酸菌サプリの多くに乳成分が含まれていますので、牛乳アレルギーがある場合は原料・成分をよく確認するようにしてください。

また、めったにありませんが、薬との飲み合わせも問題になる可能性があるので、薬を毎日飲んでるような場合は、医師に確認するようにしましょう。

乳酸菌サプリで健康生活

乳酸菌サプリには、通常の食事からだけでは摂取が困難な量や種類の乳酸菌が含まれています。当然乳酸菌自体は安全ですが、過度に摂り過ぎるのは望ましいことではありません。

飲めば飲むほど効果が上がるというわけではなく、適切な量を摂るということが重要です。必ず、指示された量飲みかたを守るようにしましょう
同時に牛乳アレルギーや、薬との飲み合わせも必ず確認してください。薬に関しては、素人では判断できないので、医師に相談しましょう。

また、当然のことながら、サプリメントの利用は栄養バランスの整った食事が大前提です。サプリメントをとっているからと、食事の栄養バランスを重要視しないというのは問題です。乳酸菌の効果を最大にできるよう、生活も規則正しいものにしましょう。

乳酸菌サプリの原料は?何から作るの?

乳酸菌サプリの主成分の乳酸菌という言葉を聞いたことがない人はいないと思います。では、乳酸菌とはどのようなものに含まれているのでしょうか。

 

ヨーグルトのことを思い浮かべる人が最も多いと思います。確かに、ヨーグルトにも乳酸菌が含まれていますが、ヨーグルト以外にも乳酸菌が含まれている食材は多くあります。

 

さらに付け加えて説明すると、乳酸菌が食品に付着し適温を保つことで乳酸菌が活発になりその食品そのものの成分を変えてしまうことを乳酸発酵といいます。そのため乳酸発酵したものには、乳酸菌が多く含まれています。

 

代表的な食品に、先ほど紹介したヨーグルトやピザなどによく使われるチーズが乳酸発酵した食品になります。

乳酸発酵した食品には、素晴らしい効果がいくつかあり、その代表的な効果の1つに防腐(腐るのを防ぐ)効果があります。

チーズを例に考えてみるとその効果がよくわかるとかと思いますが、チーズは腐りやすい牛乳が乳酸発酵した食べ物ですが、味も見た目も腐りにくさも牛乳とは違っています。

 

減ってしまった乳酸菌を補うには乳酸菌サプリがおすすめ

乳酸菌は今、わかっているものだけでも200種類ほど存在ます。その中の40種類ほどが人間の腸などの中にいます。その乳酸菌は腸の環境を整える上で欠かすことのできない存在ですが、生活習慣の乱れなどで数が減ってしまうことがあるのです。

 

乳酸菌が多く含まれる健康にいい食品として、ヨーグルトや、チーズ、キムチなどがあります。乳酸菌食品を食べることで、生活環境で少なくなりがちな腸内の乳酸菌を補うことができます。

もっと詳しく→ 腸内環境を整えてキレイになろう!乳酸菌サプリが持つ驚きの効果

 

乳酸菌と善玉菌

善玉菌は、名前の通り体に欠かすことができない良い菌のことで、健康に必須の腸内環境をよくする菌のことを善玉菌と呼びます。

善玉菌は、1種類ではなく、乳酸菌と同じく、いくつもの菌の総称で、乳酸菌もこの善玉菌の1つです。

もっと詳しく→ 善玉菌を増やすなら乳酸菌サプリを上手に活用しよう!

 

乳酸菌を摂取する際に参考にしたい、効果的な摂取方法

最近では乳酸菌の摂取が健康にも美容にも良いということが広まり、たくさんのサプリメントが発売されたり、ヨーグルトにも様々な種類のものが出たりと、乳酸菌の摂取に様々な方法が選択できるようになりました。

ですが、ただこれらの食品やサプリメントを摂取するだけでは不十分です。より効率よく、効果を感じるには、どのように摂取すればよいのか、ということについてご説明したいと思います。

乳酸菌を何から摂取するか

乳酸菌を摂取するとなって、真っ先に思い浮かぶのがヨーグルトのような乳製品だと思います。ですが、一般的に乳製品に含まれている乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれる乳酸菌で、熱や酸に弱い乳酸菌なのです。

そのため、これらの乳酸菌を摂取しても、腸に届く前に胃酸や胆汁によって分解されてしまいます。これではあまり効果が期待できません。

確かに死菌の状態でも働きをする乳酸菌も存在はしますが、基本的に生きたまま届けることにこだわった方が良いです。また、熱にも弱いので、加熱する料理などにも使うことができません。

ヨーグルトの中には、植物性乳酸菌を利用したものなどもあるので、乳製品を利用する際には、そういったものを選ぶ必要があります。その理由は植物性乳酸菌は酸や熱に強いからです。他にも味噌や漬物にも植物性乳酸菌が含まれています。

これらの植物性乳酸菌を積極的に摂取するのが乳酸菌の効果を効率よく得るための近道です。

また、より効率よく乳酸菌を摂取したいなら、乳酸菌サプリを利用するのがおすすめです。乳酸菌サプリには、きちんと菌が腸まで届くように工夫がなされており、さらに、日頃の食事では摂ることのできないような乳酸菌も摂取することができます。

乳酸菌を摂取するのに食事を利用する場合の注意点

サプリメントを利用していても、当然、日頃の食事からも乳酸菌を摂取するのは重要です。ですが、乳酸菌を摂ることだけに集中しすぎると他の問題が生じてしまうことがあるので、注意が必要です。

その問題は、偏食などによる、栄養の偏りです。乳酸菌が多く含まれることで有名なヨーグルトやチーズを始めとした乳製品には、脂質や糖分がたくさん含まれていることが多いです。

これらの食品を過度に食べ続けると、肥満などの問題につながってしまいます。また、植物性乳酸菌を多く含む漬物には、塩分が多量に含まれているため、過度に食べてしまうと問題になります。

乳酸菌を取り入れることだけに集中し過ぎず、あくまで、健康的な食生活に乳酸菌を加えるという心構えが大切です。

食事だけでたくさんの種類の乳酸菌を大量に取り入れようとすると、大量の乳製品や漬物を食べることになってしまい、むしろ健康に悪いことがあります。
栄養バランスの整った食事は健康のために欠かすことのできないものです。ここを守らずに乳酸菌を摂取してもあまり効果はないどころか、逆に不健康になってしまいます。
そこで、たくさんの種類の乳酸菌を摂取したり、たくさんの量の乳酸菌を摂取したりする際にはサプリメントを使うのも有効な手段です。サプリメントは乳酸菌を摂取する為に作られたものなので、摂取が効率よく行われるよう、胃酸から乳酸菌を守る工夫がされていたり、たくさんの種類、量の乳酸菌が含まれていたりと、とても頼りになる存在です。

Copyright© 乳酸菌サプリ効果別ランキング【便通・整腸・腸内フローラ改善】 , 2017 All Rights Reserved.